海外情報

CBDオイルを大切なペットに|効能から使用方法を解説!

 

自然療法でさまざまな効果が期待されるCBDオイル

言葉が伝わらないからこそ大切なペットが苦しそうにしているのは耐えられないですよね。

飼い主さんなら最善のことをしてあげたいと思うはずです。

 

Amie
Amie
こんにちは、Amieです(@Amie_Wtites)

1歳になる中型犬スプリンガー・スパニエルを飼っています。

ビリー
ビリー
こんにちは、ビリーです。

 

私も過去にビリーにCBDオイルを投与したことがあります。

今回は

  • CBDオイルがペットに与える効果
  • 海外の使用例と、私の体験談
  • 犬・猫への投与方法
  • ペット用CBDオイルは本当に安全か?

以上を紹介します。

どうぞ最後までお付き合いください。

大切なペットに。CBDオイルの効能

ペットに期待できる効果で代表的なものは以下があります。

  • てんかん・発作
  • 不安症
  • 痛みの緩和
  • アレルギー皮膚炎
  • 癌治療

CBDオイルがどうして効くのか?こちらの記事で紹介しています。

海外で話題のCBDオイルとは?完全入門編|分かりやすくCBDを解説リラックス効果があると海外で大ブームのCBDオイル。初めて聞く人も、知ってるけど今いち分からないという方のために、この記事ではCBDの?について解説しています。ぜひご一読ください。...

てんかん・発作に

てんかんは犬の場合、およそ100頭に1頭は発生すると言われている脳の病気です。

発作が起きると体が硬直したり、体がブルブルと痙攣する症状があります。

 

治療には抗てんかん薬が使われますが、副作用があったり効果が出ない場合もあります。

米コロラド州立大学の研究によると、てんかんのある犬にCBDを投与したところ、およそ9割の犬に発作の減少がみられました。

不安を抱えるペットに

動物も不安や恐怖な気持ちがあり、過去の経験からトラウマを持つこともあります。

騒音恐怖症や分離不安症になると、無駄吠えや攻撃性が増えたりと飼い主を困らす行動をしてしまいます。

 

こうした不安定な気持ちはセロトニンと関係しており、CBDオイルはセロトニンを調整し心を和らげる働きをします。

セロトニンとは

感情や気分のコントロール、精神の安定に深く関わっていて「しあわせホルモン」とも呼ばれています。

セロトニンが不足すると、ストレス障害やうつなどの原因にも。

痛みの緩和に

CBDオイルは脳内の免疫系・神経系を刺激し、炎症を抑えて痛みを軽減することができます。

犬の抗炎症剤としてCBDを使用する方法は以下があります。

  • 関節炎
  • 股関節と肘の異形成
  • 捻挫と歪み
  • 靭帯断裂
  • 手術後

 

米コーネル大学の研究者は、関節炎をもつ犬にCBDを服用したところ痛みが減少し、活動性の増加があったことを示しています。

アレルギー皮膚炎や乾燥、痒みに

2012年の研究でCBDが犬のアトピー性皮膚炎を治療することができると判明しました。

CBDは抗炎症作用があり、皮膚の乾燥やかゆみを和らげ、皮膚細胞の成長を促進してくれます。

アレルギーにはCBDオイルで内服

皮膚にはCBDクリームを直接肌に塗るのがおすすめです。

 

Amie
Amie
ビリーは肌が乾燥してフケが多かったけど、CBDクリームを塗ったら2、3日で治りました。
ビリー
ビリー
・・・さんきゅ

ペットの癌治療に

犬・猫の死因原因のトップはガンです。

犬の2分の1、猫の3分の1がガンで亡くなるといわれています。

私が過去に飼っていた猫もガンで亡くなりました。

 

CBDオイルはがん治療に伴う吐き気や、ガンに関連する症状による痛みを軽減する働きがあります。

また、マウスを使った研究では、CBDが乳腺がん細胞の増殖を遅らせることが分かりました。

他の動物実験でも、CBDオイルにはがんと戦う能力があり、腫瘍の成長を遅らせることができることが判明しています。

飼っていた猫がガンの症状で苦しそうにしていたのは未だに忘れられません。

今ならぜったいにCBDオイルを服用させています。

CBDオイル|動物への使用例

最近ニュースで気になった話題と、私の体験談を紹介します。

ポーランドの動物園ではゾウにCBDを

ポーランドのワルシャワ動物園は、研究者たちと共にCBDが動物たちのストレスに効果があるか検証するプロジェクトが行われています。

引用:ワルシャワ動物園

ゾウは群れの構造が変わるとストレスを抱えてしまい、攻撃性が増して争いがおこる原因になります。

また、群れの調和を取り戻すには、数ヶ月から数年かかるといわれています。

 

ワルシャワ動物園では、群れのリーダーだったエルナが亡くなり、残されたゾウのフレデジアは喪失感、混乱からストレスを抱えて異常行動がみられていました。

この動物園ではすでに犬や馬にCBDが使用されており、ゾウにも効果があると期待されています。

研究はまだ数ヶ月かかるようですが(2020年9月現在)、結果が分かったらこの記事に追記しようと思います。

わたしの体験談。愛犬にCBDオイルを投与

ビリーが生後6ヶ月の頃、後ろ右足を引きずったことがあります。

ビリー
ビリー
・・・

安静に過ごしてほしかったのですが、遊び盛りで家中を動き回るのでCBDオイルを服用させました。

1日3回服用させて、CBDクリームをマッサージしながら塗ったところ、2日後には治って元気に走り回ってくれました。

CBDオイル服用後は大人しくしていたので、効果があったと感じています。

 

Amie
Amie
今じゃアスリート並みのムキムキ足!
ビリー
ビリー
24時間走れちゃう

ペット用CBDオイルの使用方法

服用量

製品やペットの大きさによって異なりますが、1日に2~4回、2~4滴を服用するのが一般的です。

また、使用用途によってCBDの含有量も変えたほうがいいです。

不安症や病気予防低用量

痛みや疾患高用量

はじめは少しずつ投与してあげて、ペットの様子を注意深く観察ながら適量をみつけていきましょう。

投与方法

犬の場合はオイルを指先にとり、舌の裏側に塗りつけると吸収がよくなります。

猫はオイル系が苦手なうえ、嫌がって飼い主さんの手を引っ掻いてしまう恐れがあるので

耳に塗ります。

獣医師のジョーンズさんが紹介している動画が参考になりますよ。

(猫への投与方法は7:33から)

引用:YouTube

CBDオイルの選び方

大切なペットには安全な製品を使いたいですよね。

安全なCBDオイルを選ぶ、3つのポイントを紹介します。

  • オーガニックであること
  • 「CO2抽出法」が採用されたもの
  • 第三者機関による検査を受けていること

オーガニックであること

農薬を使用している場合、オイルを抽出する際に人体やペットに有害な物質も成分内に残ってしまいます。

残留農薬や重金属が体内に蓄積されてしまうので、CBDオイルを選ぶ際は「有機」「オーガニック」の認証を受けた製品にしましょう。

「CO2抽出法」が採用されたもの

CO2抽出法(超臨界二酸化炭素抽出法)二酸化炭素を用いた製法で、不純物が混ざりにくく、安全性が高いです。

また、低温で抽出されるため高純度を保つことができます。

第三者機関による検査を受けていること

販売元が「安心・安全」ということを鵜呑みにせず、第三者機関による検査をうけているか確認しましょう。

海外では、ラベルの表記よりもCBDが多く含まれている場合などもあります。

残留農薬・重金属・微生物検査など品質検査をうけた製品から購入しましょう。

 

CBDをペットに・・・本当に安全?

米ホリスティック獣医師会は、CBDオイルを使用した犬の飼い主に、副作用があったかどうかアンケート調査を行いましたが、大きな影響は報告されていません

そして以下のような副作用があげられました。

  • 鎮静 19%
  • 食欲増進 5%
  • エネルギーの不足 4%
  • パニック反応 2.7%
  • 口渇・過度の飲み食い 2.3%
  • 吐き気 1.7%
  • 嘔吐 1.7%
  • 発作の増加 0.69%
  • 精神機能の低下 0.68%

 

私がビリーに使用した時に感じたのは「鎮静」のみで、他の副作用はみられなかったです。

Amie
Amie
服用後は口の渇きを感じやすいので、水を飲ませてあげるといいですね。

CBDオイルを大切なペットに|まとめ

てんかん発作がある子や、疾患で痛みを抱えている子にCBDオイルを使用してみてはいかがでしょうか。

不安な方は、まず獣医さんに相談してみましょう。

 

問題行動がある子の場合は、CBDオイルを投与する前に

十分に遊ばせてあげているか・食事は適量かなど、ペットの環境を今1度確かめてみてくださいね。

動物もストレスを抱えると、問題行動を起こしたり疾患の原因になることもあります。

 

痛みや苦痛を伝えることができないからこそ、飼い主さんが常に行動や食欲など細かい変化に気づいてあげることが大切です。

 

すべてのペットたちが健康で、しあわせに暮らせることを願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

SUPPORT TRAFEGO

トラフェゴブログはネット広告やアフィリエイトを使用せず、読者様からのサポートのみで運営しております。継続的に新しい情報や面白いトピックを発信するために、トラフェゴで役に立った記事や面白いと思った記事がありましたら、下のボタンよりご支援いただけると運営者・Amieの励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。(入力欄のお名前はニックネーム可)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA