歴史

クリスマスの真実|クリスマスはキリスト教ではなかった!?由来と起源

 

クリスマスはキリスト教圏では1年でもっとも大切な祝日。

家族、親戚が一同に集まってプレゼント交換をしたり、クリスマスーディナーを食べて、のんびり家族団らんのときを楽しみます。

 

ところで。一体いつから今のようなクリスマスになったか、みなさんご存知ですか?

Amie
Amie
こんにちは。Amieです(Amie_Writes)

今回は赤いサンタクロースが登場するもっともーーーっと前の、”クリスマス誕生の秘話”を紹介します

そうだったんだ!!!と驚きが詰まったお話なので、ぜひ最後までお楽しみください。

そもそもクリスマスってなんのお祝い?

 

クリスマスは、イエス・キリストの”降誕祭”。

ビリー
ビリー
誕生日じゃないんだね

そうなんです。新約聖書にはキリストの生まれた日についての記述がなく、25日はキリストの誕生を記念する日

 

ではどうして、12月25日にイエス・キリストの生誕を祝うようになったのでしょうか。

キリスト教が伝来する、もっと前の歴史へさかのぼっていきましょう。

キリスト教以前のおはなし。北欧編

 

北欧ではノース人(ヴァイキングを含む、古代スカンディナヴィアの人々)の間でYule(ユール)」といわれる冬至祭が行われていました。

12月の冬至期間、長い冬の暗闇や寒さと戦う太陽の象徴である火を12日間にわたって焚き続けます。

ユールログを運ぶ人々 引用:Bing

使用されていたのは「ユールログ」といわれる太い木の幹。

12日間燃え続けられる大きな木を伐り、家族総出で家まで運びます。

子孫繁栄・無病息災を祈り、燃やしたあとの灰はベッドの下に保管すると、悪霊や自然災害から家を守ると信じられていました。

クリスマスシーズンになるとケーキ屋さんで見かけるブッシュ・ド・ノエルはフランス語で「クリスマスの丸太」という意味。

ブッシュ・ド・ノエル 別名「Yule log 」

12日間人々たちは酔っぱらい、火の回りを狂喜乱舞しながら精霊との接触を試みていたともいわれています。

引用:SPIRITBLOGGER’S BLOG

キリスト教以前のおはなし。ローマ編

 

キリスト教以前のローマは、ローマ神話が浸透しており土着の神々をまつっていました。

12月17日から24日の7日間は、農耕神サートゥルヌスを祭るサートゥルナーリア(Sāturnālia)という祝日。

この間は奴隷にも自由が許され、楽しく陽気に祝われていました。

ローマ神話に登場する農耕神サートゥルヌス(Sāturnus)引用:wikipedia

 

その一方でペルシャからも太陽神Mithra(ミトラ)をまつる、ミトラ教(ミスラス教)がローマに伝わります。

ミトラ教では12月25日は一年で最も昼間が短くなる冬至が”太陽神ミトラ誕生の日”だと信じられていました。

12月25日はミトラ神の誕生日 引用:Bing

 

ミトラ教はローマの有力な教団に崇拝されており、祝祭のあいだ宮廷は閉ざされ、普段は禁止されているすべての行為が許されていました。

同性愛や女装、淫行・・・子供でさえも酔っ払いの乱痴気騒ぎに参加していたそう。

Amie
Amie
このときはまったくキリスト教の”イエス・キリスト誕生を祝う”行事ではなかったんですね。

今のクリスマスの原型が誕生したのは4世紀頃。

ローマ皇帝は異教徒の文化の広がりを抑制することができず、その代わりにミトラ教と習合しキリスト教の公式行事に制定

これが異教徒同士の衝突を避け、キリスト教を広めるきっかけになりました。

クリスマスが禁止されていた時期!?

 

近代クリスマスに深く関わる、イギリスのお話です。

597年、教皇グレゴリー1世の命令により、カンタベリーのアウグスティヌスがイングランドへキリスト教布教を開始。

このときクリスマスはローマ教会の三大祝日の一つとなっていました。

引用:Wikipedia

カンタベリーのアウグスティヌス

Augustine of Canterbury

 

初代カンタベリーの大司教。

布教を開始した翌年クリスマスには、1万人以上のイングランド人(アングロ・サクソン人)に洗礼を施したといわれています。

これによりイングランドの一部で行われていたユール祭と、イエス・キリストの降誕が混合されるように。

16世紀前半(1533年)ヘンリー8世によって宗教改革が行われ、ローマ教皇から分離し「イギリス国教会」が確立してもクリスマスにはお祝いがされていました。

どうしてヘンリー8世が宗教改革したかはこちら⬇︎

処刑されたイギリス王妃アン・ブーリンに出会う|1000日の王妃イングランド王妃になってから、たった1000日で処刑されたアン・ブーリンという女性、知っているでしょうか。ヘンリー8世のおよそ10年におよぶ求愛で2番目の妻となったアン。しかしその後の彼女の人生は・・・この記事ではアン・ブーリンの生い立ちから最期のときまでを紹介しています。...

 

ところが1647年、議会がクリスマスの祝日を廃止。

その後20年間にわたってクリスマス(イースター含む)のお祝いが禁止されることになります。原因は、ピューリタンの宗教改革。

ピューリタン(清教徒) とは

イギリス国教会の信仰と慣行に改革を唱えるキリスト教のプロテスタント(カルヴァン派)グループ。

イギリス国教会の中でピューリタンが勢力を持つようになりました。

ピューリタンはクリスマスを”異教徒の祭り“とみなし、暴飲暴食,ダンス,ギャンブル,乱痴気騒ぎに結びつく祭日として非難。

彼らはクリスマスの禁止を施行し、25日もすべての店や市場はオープン、多くの教会でもクリスマスの礼拝を中止させました。

アメリカでは教育にクリスマス・プログラムを

 

エリザベス1世の死去後、ジェームズ1世が王位を継承すると、ピューリタンへの弾圧が激化するようになります。

それに不満を募らせた一部のピューリタンは信仰の自由を求めアメリカへと移住します。

アメリカへ移住したピューリタンたち「ピルグリム・ファーザーズ」 

引用:DailyBeast

アメリカの植民地でもクリスマスは禁止されていましたが、陽気なお祝いの習慣を制御することはできませんでした。

ニューヨークなど都市ではクリスマス時期に暴動がおき警察が介入する事態にまでなりました。(1828年)

 

そこで教会学校(サンデー・スクール)では子供たちを対象に「クリスマス・プログラム」を開始。

サンデースクール 引用:Bing

子供たちにキャンディーなどお菓子を提供しながら、クリスマスは慎ましく、慈悲深く過ごすように教えました。

Amie
Amie
このプログラムは成功し、のちに異教徒の儀式であるハロウィンの促進にも使用されたとか。

新しいクリスマスの誕生は1つの本がきっかけ

 

1843年に出版された、イギリスの作家チャールズ・ディケンズの「クリスマス・キャロル」が大ベストセラーになります。

‘A Christmas Carol’ by Charles Dickens

 

物語の中にはデコレーションされたクリスマスツリー、家族との陽気な食事などの描写があり、今のクリスマスを形づけるものとなりました。

英王室でもクリスマスツリーを飾る習慣が導入されると瞬く間に民衆にも浸透し、家庭でもクリスマスツリーが飾られるように。

「クリスマス・キャロル」は何度も映画化や劇場公演がされています。

Amie
Amie
イギリスではクリスマスシーズンになると必ずテレビで放映されます

アメリカでも「クリスマス・キャロル」は大流行。

厳正なピューリタンの慣習は徐々に薄れていき、1890年にはアメリカの全州でクリスマスが正式な祝日となりました。

 

参考サイト

ジャパンナレッジ(日本語)

・The Truth About Christmas

引用:YouTube

クリスマスの真実|まとめ

今ある華やかなクリスマスはもともと異教徒の陽気な冬至祭と、慈悲深いキリストの思想が合わさったものだったんですね。

日本でも神仏習合など、時代とともに形を変えたものがあります。

もしかしたら今ある慣習もいずれはまったく違うものになっているかもしれません。

 

いつまでも家族を思う、暖かく楽しいクリスマス(お正月)を過ごせますように。

Merry Christmas to you and your family, and very best wishes for the New Year.

最後まで読んでいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA