未分類

HSPの私が語る「繊細さんのすごいところ」|生きづらいと感じている方へ

人と話すのは好きだけど、疲れてしまう…

「気にしすぎ」とよく言われる…

ちょっと人生に生きづらさを感じている方、HSPという言葉をご存知でしょうか?

 

Amie
Amie
こんにちは、Amieです(@Amie_Wtites)

わたしはHSS型のHSPです。 

 

HSP(エイチ・エス・ピー)とは

Highly Sensitive Person

ハイリー・センシティブ・パーソン

 

とても感受性が高く、繊細な人がもつ「気質」

傷つきやすい反面、共感力や直観力、想像力に長けています。

人口の20%、5人に1人はHSPといわれています。

 

私自身「子供の頃から周りの様子を伺って、わがままを言わない子だった」と親からいわれ、学生時代は不登校になったこともあります。

社会に出てからも「生きづらさ」を感じ転職を繰り返しました。

今回はHSPについて紹介していきたいと思います。

HSPの特徴って?

HSPは1996年、アメリカの心理学者エレイン・アーロン博士によって名付けられました。

アーロン博士によると、HSPには大きく分けて4つの特性「DOES(ダズ)」があります。

この4つの特性に当てはまる方は、HSPといえます。

4つのDOES

Depth of Processing

物事を深く考える

・考えるのに時間をつかう

・日々失敗があった場合を想定して対応策を考えている

・お世辞をすぐに見抜く

・調べ物をすると、とことん掘り下げる

Overstimulation

過剰な刺激を受けやすい

・芸術作品や美しい音楽に触れるとを、興奮する・喜びで胸がいっぱいになる

・休憩なしで他人と2・3時間過ごすと疲れてしまう

・遊園地やショッピングセンターなどの人混みが好きではない

・びっくりしやすい

・1人でいる時間が必要だ

Emotional Responsiveness/Empathy

感情の反応が強く、共感力がある

・緊迫した空気のなかにいるのが苦手

・周りで誰かが怒っていると、ストレスになる

・動物や植物の変化によく気づく

・テレビで暴力シーンをみるとそのあと数日間は影響されてしまう

Sensitive to Subtleties/Sensory Stimuli

ささいな刺激を察知する

・インスピレーションが湧いて様々なアイディアが思いつく

・この世には耳で聴き、目で知るよりもたくさんのものがあると知っている

・痛みを感じやすい

・雑音や、洋服の肌にあたるチクチクが気になる

 

より正確に診断したいかたは「HSP診断テスト」がおすすめです。

引用:HSP診断テスト

登録不要・無料で診断でき、48問の質問に答えるとスコアとあなたのHSP度が分かります。私もやってみましたがスコア124、HSP度は【強】でした。

HSPを知ろう

HSPはうつ病などの疾患と間違われやすいですが、大きな違いがあります。

また外向的・内向的・刺激追求型と分かれており、HSPといっても特徴は人によって様々です。

HSPは病気じゃない

HSP(以下繊細さん)は、「生まれもった性質」です。

繊細さんは、脳の奥にある扁桃体(へんとうたい)の働きが活発で、不安や恐怖を感じ取りやすくなっています。

 

これは「種」が生き延びるために、危機管理能力が高い慎重な個体が生まれたのではないかと考えられていて、

馬やサルなどの動物にも全体のおよそ20%はいるんですよ。

 

しかし、繊細さんは無理をしがちでキャパオーバーをした時に精神を乱してしまうことがあります。

私は一時期うつ病なんじゃないかと思ったことがあって、精神科に行ったことがあります。

でも聞かれることにあまりパッとせず、自分の思いもうまく伝えられず

帰り道「私は甘えてるだけなんだな」と思ったことがありました。

 

HSPのタイプは外向的・内向的・刺激を求めるHSS型がある

HSPは大きく外向的・内向的の2種類あります。

外向的なタイプは大勢といても苦にならなず、むしろ居心地がいいと感じます。

HSPの全体の30%が外向的タイプで、残り70%は内向的タイプです。

 

安全な心地よい環境に身をおきたい繊細さんですが、中には海外旅行したりスポーツなどアクティブなことが好きだよっていう人もいます。

そういった方は刺激追求型、HSS(High Sensation Seeking)かもしれません。

HSSの特徴は以下のようなものが挙げられます。

HSSの特徴

・知らない場所に行きたい

・新しい体験が好き

・スキーやサーフィンなどスリルのあるスポーツが好き

・日課を持つのが嫌い

・強い刺激を受けるアートが好き

 

「大胆繊細さん」というのでしょうか。HSP型HSSの人口は6%と言われています。

そして私もこのHSS型のHSPです。新しいこと大好きでバックパッカーもします。

 

このように、繊細さんでも特徴は様々です。

HSPの特徴が1から10まですべて自分に当てはまる訳ではありません。

Amie
Amie

繊細さんは共感力が高いので、自らを型にはめないように気を付けましょう。

HSPの特徴で当てはまらないものは、するっとスルーしちゃってくださいね

繊細さんのすごいところ

私のこれまでの失敗や恥ずかしい経験は、積み上げたら雲の上までいきそうなくらいあります。

でもそれを「HSPだからでした」と語るより、この記事を読んでくださっている方には繊細さんだからできる事を知って、それを存分に活かしてほしいです。

お子さんやパートナー、職場の人が繊細さんだという方にも、HSPのダメな面ではなく、良い面をもっと知ってほしいです。

 

私がHSPを知ったきっかけになった本「鈍感な世界に生きる 敏感な人たち」

この本の「HSPの能力」の項目を参考に、私の体験談も交えた繊細さんのすごいところを紹介します。

その1|たくさんの情報を吸収できる

美術館に行ったとしましょう。

繊細さんは五感すべてでアートの素晴らしさを感じることができます。

もしかしたら六感を感じる方もいるかもしれません。

 

圧倒される絵に出会うと、その絵に吸い込まれて立ちつくしてしまいませんか?

理論では語れない、この「感覚」を得られるのは繊細さんだけです。

 

森など自然がある場所に行った日には、もう大変です。

全身が自然と一体化する感覚、高揚感は非繊細さんよりも強烈に感じているでしょう。

その2|些細な香り・音も察知できる

たまたま入ったカフェやレストランの匂いに気になったり、キッチンから聞こえる雑音が気になることがよくあります。

1度気になると、それが体中にまとわりついてる気分になってしまいます。

 

味覚も鋭く、レストランで出された料理に少しでも違和感があると本当に落ち込むます。

(もったいない精神でぜんぶ食べますが…)

 

言い換えると、繊細さんがお気に入りのカフェ・レストランは間違いない!です。

私が友人をお気に入りのお店に連れて行くと、その友人は必ずそのお店を気に入ってくれます。

その3|多方面から深くアプローチできる

繊細さんは物事をじっくり考察し、誰も思いつかないアイディアや発想を生み出すことができます。

1つの事をじっくり調べるのは、深くまで理解して新しい発見を見つけるためなんです。

 

でもプレッシャーには弱いのでストレスがかからない、集中できる環境が必要です。

そしてやっぱりほんの少し時間がかかります。

その4|危機管理能力が高い

繊細さんはなるべく争いごとや、嫌われることをしたくありません。

発言には細心の注意を払います。

 

「〜だけど、どう思う?」と聞かれると

Amie
Amie

(こう言えばこう思われるし、ああ言うとこうなって・・

言ってもし反応が良ければ・・・)

と頭の中がグルグルしています。

 

反応は遅いかもしれませんが、物事の「良い・悪い」はとてもはっきりしています。

いざという時の繊細さんの判断は当たっていることが多いんです。

その5|共感力が高く、気配り上手

繊細さんは「最上級のおもてなし」ができます。

もし家に友人を招くとしたら、

耳心地の良い適度なボリュームの音楽、良い香りのするアロマやお香など焚いて、リラックスできる空間作りをするでしょう。

繊細さんは細かいところに気を配るのがとても得意です。

 

なのでサービス業にも向いています。

私自身サービス業をしていましたが、表情や雰囲気などで「この人はこうして欲しいんだな」と察することができました。

 

また、動物にも激しく共感します。

飼っている犬の体調が悪そうだと、私も体調が悪くなります。

逆に嬉しそうに楽しそうにしていると、心の底から幸せになれます。

Amie
Amie
虫1匹殺せません。

その6|誠実で責任感がある

繊細さんは責任感がとても強いです。

責任感が強いあまり、なぜか他の人の責任まで肩代わりしてしまう事もあります。

 

しかしながら、あまりに誠実さに欠ける人が多い集団の中など、ストレス過多な環境にいると繊細さんは時として牙を剥きます。

心に余裕がなくなると細やかな配慮ができなくなってしまうのです。

その7|想像力が豊かで、自分の世界をもっている

繊細さんはインスピレーションが体中から湧いてくるので、1人で過ごしていても退屈しません。

グループで(自分にとってつまらない)話が盛り上がっている時、繊細さんはニコニコしながらも空想の中にいたります。

普段集団生活にいる繊細さんは、夜1人でゆっくり過ごす時間が好きではないでしょうか。

 

溢れ出てくるインスピレーションを逃さないように、絵を書いたり、写真をとったり、メモを書いたりするのがおすすめです。

私はこうして記事を書いてインスピレーションを昇華させています。

 

繊細さんにおすすめの本

HSPに関連するおすすめの本です。繊細さんをもっと知りたい方にも。

 

 

繊細さんは、やさしい

HSPを知った時「なんだ!わたし1人じゃないんだ!」と心から嬉しくなりました。

繊細さんは心配性・神経質などと言われることが多いですが、誰よりも気配りができる、やさしい人です。

少しでも生きづらさを感じている方に「HSP」を知ってもらいたいです。

そしてこの記事を読んだ今、少しでも晴れやかな気持ちになってもらえたらとても嬉しいです。

 

そのままの素敵なあなたでいてください。

そしてもっと個性・感性を輝かせていきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA