歴史

編み物は”趣味”だけじゃない。社会を紡いだニッター達のおはなし

 

編み物というと「女性が男性に贈るもの」「老後の趣味」なんてイメージがないでしょうか。

しかし実際には、編み物は声よりも強い表明として社会運動にも頻繁に利用されていたのです。

Amie
Amie
こんにちは、Amieです(@Amie_Writes)

今回は編み物のイメージがガラリと変わってしまうようなお話を紹介します。

どうして編み物が表明になるのか、

いつから行われるようになったのか、

実際に編み物が使われた社会運動とは、、ぜひお付き合いください。

ピンク色の猫耳ニット帽が差別抗議活動に

引用:medium

2017年1月21日、ドナルド・トランプ前大統領就任式の翌日に行われた「ウィメンズマーチ」

ピンクの猫耳ニット帽を被った大勢の人たちが、ドナルド・トランプ前大統領へ抗議のために、首都ワシントンD.C.をはじめ全米各地で数百万人規模に及ぶデモが行われました。

 

ことの発端は、トランプ氏がテレビ収録の合間にしたこの発言

“You know I’m automatically attracted to beautiful—I just start kissing them. It’s like a magnet. Just kiss. I don’t even wait. And when you’re a star, they let you do it. You can do anything. Grab ‘em by the pussy. (有名になればpussy掴み放題)You can do anything.”

pussyとはスラングで女性器をさします。

この発言に対する抗議の意味を込めて、ピンクの猫耳ニット帽は”プッシーハット(Pussy hat)“と名付けられました。

プッシーハットはロスの手芸屋さんのKat Coyleさんがデザインしたもので

  • 初心者でも簡単に編める
  • 大胆でパワフルな視覚的主張ができる
  • 運動に参加できない人でも、目に見える形で支持を表明できる

こうしたことからSNSで編み目のパターンが公開されると、瞬く間に拡散されて、ほぼ一夜にしてプッシーハットが女性の権利を象徴する国際的シンボルとなりました。

SNSという最新のテクノロジーが組み合わさった「現代を象徴する革新的な運動」としても注目を浴びましたね。

編み物の歴史|政治的・抗議活動のはじまり

編み物はおよそ250年前、アメリカとフランスの革命運動でも重要な役割を担いました。

アメリカ独立運動前

7年戦争で多額の負債を抱えたイギリスは返済のために、アメリカの植民地にガラスや紙などの物品に新たな税(1767年『タウンゼンド諸法』)を課しますが、これに植民地側は猛反対し、イギリス製品の不買運動が起きました。

課税された物品には羊毛や織物も含まれていたため、不買運動を支えるために植民地の女性たちが集まって地元産の糸を織り衣服を生産するようになりました。

彼女たちは1日中せっせと働きバチにように糸を織っていたことから「スピニング・ビー(Spinning bee)」とも呼ばれています。

Spinning beeの女性たち 引用:ifarmboxford

この事はあまり取り沙汰されることはありませんが、不買運動や独立運動中の生活は彼女達の協力なしでは成り立たなかったでしょう。

”自分たちの声を糸で表明する”歴史的な出来事となりました。

 

フランス革命

1789年フランス革命が勃発したとき、飢えに怒った何千人もの女性たちがヴェルサイユ宮殿を行進しました。

以下引用:geriwalton

ルイ16世とマリー・アントワネットとその家族を宮殿から追い出すことに成功し、女性たちは一躍民衆のヒロインになります。しかし革命政府は、そんな女性たちの存在が障害になるとして政治集会の参加を禁じました。

Tricoteuseと呼ばれた女性革命家たち

権力がなくなった女性たちは、ギロチン処刑が行われていた革命広場に座りこんで編み物を始めます。

女性たちは処刑の合間にもおしゃべりをしながら編み物をしていたため、トリコテル(tricoter=ニッター)という言葉から、les tricoteuses de la Guillotine(ギロチンのニッター達 )と呼ばれるようになりました。

のちの小説では「首が落ちていくのを横目に、血塗れになりながら編み物をしていた」など、膨張されたトリコテルの女性像が描かれたことも…。

 

トリコテルたちはストッキングなど様々なものを編みましたが、その中にはリバティキャップもあります。

「自由の赤い帽子」リバティキャップ

リバティキャップは隷従から自由への解放の象徴とされ、フランス革命のシンボルにもなっています。フランスの自由の女神マリアンヌもこの赤いフリジア帽をかぶっていますね。

民衆を導く自由の女神(La Liberté guidant le peuple) 

ウジェーヌ・ドラクロワ 引用:Louvre

 

戦時中のスパイ活動に

編み図のバリエーションは無限のようにあり、数字の羅列から編むことができます。

これを暗号に利用したのが戦争中のスパイ活動でした。

今年100歳を迎えるドイルさん 引用:A mighty girl

第二次世界大戦中、当時23歳の英国の秘密工作員フィリス・ラトゥール・ドイル(Phyllis Latour Doyle)さんはドイツ占領下にパラシュートで潜入。

貧しい10代の石鹸売りのフランス少女を装って、カゴに編み物を入れた自転車でナチスの陣地を巡り、そこで得た兵士の活動や位置情報などを編み物で暗号化して、135通におよぶメッセージを英国に伝えました。

 第二次世界大戦中スパイが使用していたであろうもの 引用:Dusty Old Thing

編み物作品で見る、近年のムーヴメント

近年の編み物が使用されたムーヴメントを、写真とともに紹介します。

編み物がアートに。Yarn Bombing(ヤーンボミング)

以下引用:davidcharlesfox

Yarn Bombing=糸の爆弾

ヤーンボミングは、2005年アメリカのマグダ・セイエグさんが始めたストリート・アートの一部。

ビルやコンクリートの無機質で冷たい物質にカラフルな編み物…見た人に、違和感や暖かさ、楽しさを与えて強烈なインパクトを残します。

ヤーンボミングは世界中のニッターへと広がり、世界各地でヤーンボミング作品を見るようになりました。

ヤーンボミングは突然、公共のものを編み包んでしまうことから「ゲリラ編み」とも言われています。ペイントやスプレーのように跡に残らず取り外しできることから、起訴されることは少ないようですが、許可なく行うのは違反行為になります。

またアクリル製の毛糸を纏うと木の成長を妨げることも懸念されていたり、雨が降ると汚れてしまうことも考慮しなくてはなりません。毛糸を無駄にするなら本当に必要としている人に寄付した方がいいのでは…という声もあるようです。

見た目はとても華やかなんですが…。

 

遺族に追悼の意を。米ユダヤ教礼拝所の銃殺事件

以下引用:The in Cline

2018年10月27日にピッツバーグのツリー・オブ・ライフ・シナゴーグ(ユダヤ教礼拝所)で11人が銃殺される事件が起きました。

この事件のあと、毛糸店「Yarns by Design」が、追悼の意や遺族の支援を示すために、”生活の木アフガン・プロジェクト”を立ち上げ、毛布を作るための正方形の編み物の寄付を募りました。

SNSでも拡散され反響は大きくなり、アメリカ全土、ドイツ、ノルウェー、スコットランド、そしてカナダなど世界中から1,000個以上の編み物が届きました。

他の毛糸店からは、毛布一式が寄付された

作成された毛布は遺族に寄贈されました。編み物は毛糸の暖かさだけでなく、受け取った人が「誰かが何時間もかけて、自分のために作ってくれた」と強く感じることができます。

 

気候変動を訴える。The Tempestry Project(テンペストリー・プロジェクト)

Temperature(温度)+Tapestry(織物)=Tempestry

ノースウェスト美術館 以下引用:tempestryproject

ライトブルーから鮮やかな赤のグラデーションが美しい作品。

実はこれは気温になっていて、下が1月で上が12月、その年と場所の1日の最高気温を棒グラフのように視覚的に表現しています。

上の写真は、米・ディセプションパス国立公園の1950年から2016年の気候データをもとに編まれた作品。

 

2017年に指導したテンペストリー・プロジェクトは、ドナルド・トランプ前大統領が2015年の気候変動に関するパリ協定から米国を免除すると脅したことや、就任後にNOAAの気候データが削除される懸念をしたことから始まりました。

テンペストリー・プロジェクでは米国海洋大気庁(NOAA)によって

収集されたデータが使用されている。

テンペストリーは簡単に編むことができ、公式サイトでも編み物キットが販売されています。

誕生日や卒業、結婚式など、特定の年を記念するのにも良いかもしれない。複数のテンペストリーを壁に飾れば、時間の経過とともに変化する気温の歴史を印象的に表現することも。

現代の科学的な記録と、古代のタペストリーが融合した美しい作品です。

 

最前線で働く医療従事者へ。レインボー運動

2020年全世界に猛威をふるった新型コロナウイルスにより、イギリスでも1年で3度にわたるロックダウンが行われました。

そんな中、医療現場の最前線で働く医師やNHSスタッフ、キーワーカーたちへ感謝の意を表すレインボーアートが誕生。

「Thank you for NHS and key worker」「Stay safe」という励ましの言葉とともに、子供達が描いた虹の絵が窓に飾られています。

 

ニッター達もレインボーの編み物を飾ってNHSへ感謝の意を表明しました。

外出規制中で先行きの見えない混沌とした生活。街に飾られた明るいレインボーが見る人の心を癒し、今でも希望を照らしてくれています。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Ellie Hooper (@elliehooper56)

編み物はあなたの”声”になる

編み物は作るのに時間がかかるからこそ、そのことに対してどれだけの思いがあるのか表明することができます。

さらに編み物には瞑想のような働きがあるため、メンタルヘルスケアにも効果もあります。フランス革命時の女性達が編み物をしていたのは不安や怒りを抑制する為だったからではないかとも言われているようです。

 

自身を癒すために

大切に思うあの人のために

発言できない思いを表明するために

 

編み物はその人の魂が宿る、尊いものだと思うのです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

SUPPORT TRAFEGO

トラフェゴブログはネット広告やアフィリエイトを使用せず、読者様からのサポートのみで運営しております。継続的に新しい情報や面白いトピックを発信するために、トラフェゴで役に立った記事や面白いと思った記事がありましたら、下のボタンよりご支援いただけると運営者・Amieの励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。(入力欄のお名前はニックネーム可)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA