海外情報

【2020年】注目の海外サステナブル・ファッションブランド|レディース/メンズ11選

 

世界中で浸透してきている”サステナブル”とは「環境に配慮した持続可能な取り組み」のこと。

いま多くのファッションブランドでサステナブルを取り入れています。

でも、一体どんな活動をしているのか気になりませんか?

Amie
Amie
こんにちは、Amieです(@Amie_Writes)

世界各国からデザイン性も優れたサステナブルブランドを厳選しました

この記事を読む前に、サステナブルについて詳しく知りたい方はこちら⬇︎

2021年のキーワードはサステナブル・ファッション|エコ×スローでいこうサステナブルとは「持続性ある」という意味で、環境汚染に大きく関係しているファッション業界の新たな考え・取り組みをいいます。この記事では、サステナブル・エシカルって何?ファッション業界の何が問題?どういった活動があるの?といった疑問を紹介しています。...

WOMEN’S

Working Title

まずは、個人的に好きなデザインの「Working Title」

ドイツ・ベルリン発のWorking Titleは、アートや建築からインスピレーションを得た構築的なデザインが特徴。

過剰生産を避けるため、生産は完全オーダーメイド(made to order)

オーガニックコットンやシルクなど最高級の天然素材が使用されており、イタリア、ドイツ、ポーランドの家族経営の小さな工房でひとつひとつ丁寧につくられています。

ミニマルなカットにナチュラルで静かな色合い、モードだけど遊び心があるデザイン。

都会で纏うワードローブに。

Working Title

https://workingtitlestudios.com/

 

Brother Vellies

ニューヨーク・ブルックリン発の「Brother Vellies」は、アフリカの伝統的なデザイン手法や技術を守りながら、職人の雇用を創出し維持することを目的に2013年に設立。

南アフリカ、ケニア、メキシコ、モロッコ、エチオピア、ブルキナファソ、イタリア、ハイチなど世界中の職人のハンドメイドで、エレガントなものから工芸品のような眺めているだけでワクワクしちゃう斬新なものまでデザインが豊富。

 

Brother Velliesで使用される革は、すべて副産物から作られています。

化学染料を使わず、デニムの余剰分や車のタイヤを靴底に使用したりと細部までサステナブルなマインドが感じられます。

Brother Vellies

https://brothervellies.com/

 

Ninety Percent

“利益で最大の変化を起こす”をコンセプトに、2018年パラ・ハミルトン氏とシャフィク・ハッサン氏によって設立された「Ninety Percent」

収益の90%を各コレクションの実現に貢献した人々と4つの慈善団体に分配することを約束し、ファッション業界及び、資本主義の新しい形を生み出そうとしています。

(80%を慈善団体、10%を服を作る労働者、そして10%を株主に還元)

2020秋コレクション

素材はオーガニックコットン、リサイクルポリエステル、従来のビスコースに代わる持続可能な素材(TencelやEcoVera)を使用。

 

分配する慈善団体は5つ。

購入者は製品のラベルのあるQRコードからどの団体に寄付するか選ぶことができます。

寄付できる慈善団体

  1. Big Life Foundation:野生動物の密猟防止
  2. BRAC(Building Resources across Communities):バングラディシュ及びアジア、アフリカの途上国の貧困削減活動
  3. Children’s Hope:病気や障害、貧困の影響を受けた子どもたち生活支援
  4. War Child:戦争の犠牲になった子どもたちの支援
  5. WildAid:野生動物・海洋生物の保全活動

Ninety Percent

https://ninetypercent.com/

 

Bottletop

“1人がだすゴミが、誰かの宝ものになる”

「Bottletop」の大ヒット作は、アフリカで収集した空き缶の蓋をリメイクしたハンドバッグ。

ブラジルのアトリエで現地の職人に技術を教えるなど雇用を創出。

ネパールにあるアトリエでは人身売買から救出された女性などに新しいスキルを身につけるトレーニングプログラムも行っています。

 

ニューヨークのデザイナー、ナルシソ・ロドリゲスとのコラボレーションでは、LWG(レザーワーキンググループ)認証の環境にやさしいレザーが使用され、マットでナチュラルな風合い。どんな服にも合うクラシカルなデザイン○

Bottletop

https://bottletop.org/

 

Tonlé 

古着をリメイクしたファッションブランド「Tonlé」は、創設者のレイチェル・ファラー氏が2008年にカンボジアに移住し、そこで工場から大量の繊維廃棄物が出ているのを目の当たりにしたのがきっかけで誕生しました。

カンボジアのアパレルメーカーから廃棄された余剰生地のみを使用し、新しい服に変えられない端材は裁断して糸に、さらにその後に残った端材は再生紙やもち米と混ぜ合わせてタグを作るなど徹底した”ゼロ・ウェイスト“。

一般的な工場では平均40%の廃棄物が出るのに対し、Tonléの生産過程で排出する廃棄物はわずか2~3%。

現在サンフランシスコに実店舗があり、プノンペンの工房で従業員30人、カンボジア北部の織物協同組合と提携し、さらに20人の職人が働いています。

海外でムーヴメントを起こしているゼロ・ウェストはこちら⬇︎

ゼロウェイスト(Zero Waste)の5Rとは?|イギリスからお届けするエコ生活いま海外で注目されているZero Waste(ゼロ・ウェイスト)。家庭ゴミをまったく出さずに生活することは出来るのでしょうか?この記事ではベア・ジョンソンさんの5Rについて、イギリスのゼロウェイストショップ、エコフレンドリーグッズを紹介しています。心地よい暮らしのヒントにどうぞご一読ください...

Tonlé

https://tonle.com/

 

Les Recuperables

100%メイド・イン・フランスの「Les Recuperables」

フランス国内メーカーから生地を仕入れ、国内南北にある工房でアップサイクル(upcycling:再評価)されています。

上品でフェミニンな雰囲気がとってもフランスらしい!

色とりどりのテキスタイルが楽しめるポーチや着物(ガウン)はLes Recuperables人気シリーズ。すべて捨てられるはずだったヴィンテージリネンやカーテンから作られています。

Les Recuperables

https://en.lesrecuperables.com/

MEN’S & WOMEN’S

Afends

2006年、オーストラリアの小さな海岸沿いの町で生まれた「Afends」

サーフィンやスケートボード、パンク、ハードコアなどのカルチャーと、オーストラリアの自然が融合した、ルーズでリラックスな雰囲気○

Amie
Amie
サーフィンもスケボもしないけど、こういうスタイルに憧れる。。

栽培〜製造過程〜販売まで厳しい審査があるGOTSの認証を受けたオーガニックコットンとオーガニックヘンプを使用。

ヘンプコレクションでは化学染料を使わない染色プロセスを採用しています。

ヘンプは栽培にかかる日数は90日と短く、必要な水量はコットンよりもはるかに少なく、収穫できる繊維量も格段に多いんです。

有害な化学物質や農薬、殺虫剤を必要としないため、最も持続可能で経済的な可能性を秘めた植物として注目されています。

Afends

https://eu.afends.com/

 

Kings of Indigo

ジーンズ生産は染色やカラーリング、洗濯、デザインのプリントなど、すべての工程で膨大な量の水を使用しています。

ジーンズ1本を生産するのに、使う水の量は10,850リットル。Tシャツ1枚に使う水の量のおよそ4倍に相当します。ユネスコ水教育研究所(UNESCO-IHE)2005年調べ

 

そんな環境汚染の大きな一因となっているデニム産業に革命をおこす「Kings of Indigo」

2011年創業以来、つねに一歩先をいくサステイナブル活動でファッション業界をリードし、近年はリサイクルポリエステルやリサイクルウール、テンセルなどのリサイクル繊維や人工繊維に焦点を当て、地球の天然資源への依存度を下げるための新たなイノベーションを模索。

コレクションの95%がGOTS認証のオーガニックコットン、持続可能なリネンやヘンプといった天然繊維素材を使用。

商品ページには素材だけでなく、縫製、仕上げ、ランドリー(ウォッシング)がそれぞれ行われた国が記載され、透明性の高さが伺えます。

EIM Scoreとは2020年から採用された新技術の”環境影響測定”。デニム1本の仕上げ工程を以下に基づいてスコア算出されています。

  • 水の消費量
  • エネルギー消費量
  • 化学物質の使用
  • 労働者の健康への影響

スコアが低ければ低いほど、よりクリーンなジーンズになります。

アパレル業界の未来に新しい可能性を見出そうとするKings of Indigoから今後も目が離せません。

Kings of Indigo

https://www.kingsofindigo.com/

 

THINKING MU

2010年にスペインで誕生した「THINKING MU」は捨てられる素材をアップサイクルした「TRASH」と、オーガニックヘンプ素材を使用した「HEMP」の2コレクションが人気。

アップサイクルすることで従来のコレクションに使用される水の量を80%カットし、染料も少なく済むようになっています。

「HEMP」は無農薬で育ったオーガニックヘンプ、優しいカラーは植物性の染料を使用した100%天然素材。

Thinking Muは直訳すると「”無”を考える」。仏教の禅思想からインスパイアされているのかなと思います。

 

⬇︎動画で「TRASH」コレクションの生産工程が紹介されています。

Thinking Mu

https://thinkingmu.com/en/

 

Tretorn

スカンナヴィアの気候が生んだハイクオリティ・サステナブルアウトドアブランド「Tretorn」が着目したのは”漁網”。

漁網は強度が高い合成繊維のナイロンが使用され世界最高の高品質素材にもかかわらず、2年ごとに漁船団は漁網を交換し、古い漁網は海に捨てられています。

廃棄された漁網は生分解性がないため”ゴースト・ネット”となって長年海を漂流。その数はおよそ65,000トンといわれています。

岩礁に引っかかったネットは生態系全体を破壊、クジラやアザラシ、ウミガメなど多くの生物たちに悪影響を及ぼしています。

海に漂流していたネットの素材ナイロンを再利用し、レインコートへと生まれ変わりました。

高品質のナイロンで性能も抜群!

保温性、防水性、防風性、透湿性に優れ、スウェーデンの厳しい寒さに耐えられる仕様に。

海洋生物の保護活動を行う「SEA LIFE Trust」とのコラボレーションの一環で、販売価格の10%が寄付されます。

 

バッグやシューズもリサイクルされた天然ゴムが使用されています。

Amie
Amie
このブーツめっちゃ欲しい。

Tretorn

https://eu.tretorn.com/

 

Thought

“Wear me, love me, mend me, pass me on.”

私を着て、私を愛して、私を修理して、私を受け継ぐ

 

ロンドンに拠点をおくナチュラルデザインの「Thought」

素材、糸の美しさを活かしたシンプルなシルエットで、空気のような着心地のよさを追求しています。

Thoughtは1995年にオーストラリアで「美しさとナチュラルな服を融合させたい」という思いから始まり、天然の麻を使用したサステイナブルな男性用ビーチウェアのカプセルコレクションからスタート。

その後2002年にロンドンに上陸し、ポートベローとカムデンタウンにポップアップストアをオープン。瞬く間にシェアされ、イギリスを代表するサステナブルブランドとなりました。

 

素材はオーガニックコットン、ヘンプに加え、コレクションの35%にバンブーが使用されています。

竹は成長が早く(1日でおよそ120cmまで成長することができる)、森林よりも35%以上多くの酸素を生み出すことができるため、天然の再生可能な資源としてヘンプと同様に注目を浴びています。

アンダーウェアや靴下、アクセサリーなど雑貨の種類が豊富でギフトにもぴったり。

Thought

https://www.wearethought.com/

海外の注目サステナブル・ファッションブランド|まとめ

11のブランドを紹介しましたが「サステナブル」といっても様々なアプローチ方法があるのが分かりましたね!

  • 徹底したリサイクルで”ゼロ・ウェイスト”を目指す
  • 厳選されたオーガニック素材を使用する
  • 天然素材に頼らない、持続可能な新素材の研究
  • 生産過程の透明性を高める

 

”服を買う”ということは、その背景にある人の仕事と資源に支払うこと。

これから私たち消費者は安さやデザインだけでなく、どのブランドの取り組みや思想を支持するかも選択肢になっていくのではないでしょうか。

 

世界が美しく変わろうとしている今、思慮深く生きたいと思うこの頃。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

SUPPORT TRAFEGO

トラフェゴブログはネット広告やアフィリエイトを使用せず、読者様からのサポートのみで運営しております。継続的に新しい情報や面白いトピックを発信するために、トラフェゴで役に立った記事や面白いと思った記事がありましたら、下のボタンよりご支援いただけると運営者・Amieの励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。(入力欄のお名前はニックネーム可)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA